「北斗1号、2号」今週(11/22~)の結果

今週(11/22~11/26)の結果です。

 

【週計】

北斗1号:+48500円(3勝1敗)

北斗2号:+7000円(1勝0敗)

 

北斗1号、今週は順調に利益を積み重ねてくれました。

ロジックの優位性は年単位で損益に表れてきて、週単位や月単位の損益は運不運によって左右されると思っています。

そういう意味で今週は運がいいとしか言いようがありません。

来週は裁量的には買いと思いますが、どうなりますやら。

(1570を少々買ってみました)

 

「北斗1号」の購入サイトはこちら  →  オートレトレード戦略ショップ / 北斗1号

 

<今週の推移>

f:id:trader2021:20211126194847j:plain

<販売(8/30)開始からの推移>

f:id:trader2021:20211126194927j:plain

 

北斗2号、今週もLCになる発注を避けながら、一回の発注があり、無事利確できました。

連勝記録をどこまで伸ばせるのでしょうか。

(こういうことを書くと記録が途切れるジンクスあり)

 

「北斗2号」の購入サイトはこちら  → オートレ戦略ショップ / 北斗2号(GXスキャルLC回避バージョン)

f:id:trader2021:20211126195020j:plain

f:id:trader2021:20211126195027j:plain

    ※上段は従来フィルタ、下段は新フィルタ

 

 

 

 

 

「北斗1号、2号」今週(11/15~)の結果

今週(11/15~11/19)の結果です。

 

【週計】

北斗1号:-16000円(2勝3敗)

北斗2号:+8000円(1勝0敗)

 

北斗1号は寄付き直後の激しい値動きに翻弄され、マイナスに終わってしまいました。

前回の記事で精神の安定を求める意味で、200~300円のLCを設定したほうが良いかもと記しましたが、もし200円で設定していたら、水曜と木曜の両日はLCに引っかかっており、その後値が戻ってきているので、この程度のマイナスでは済んでいませんでした。

やはりLCの設定は両刃の剣で、設定値をいくつにするのか難しいですね。

 

「北斗1号」の購入サイトはこちら  →  オートレトレード戦略ショップ / 北斗1号

 

<今週の推移>

f:id:trader2021:20211119182825j:plain

<販売開始(8/30)からの推移>

f:id:trader2021:20211119182910j:plain

 

北斗2号は今週一回発注があり、利確できました。

頻繁に発注は無く、ポジポジ病の人には物足りないかもしれません。

 

「北斗2号」の購入サイトはこちら  → オートレ戦略ショップ / 北斗2号(GXスキャルLC回避バージョン)

 

f:id:trader2021:20211119182935j:plain

f:id:trader2021:20211119183742j:plain

   ※上段は従来フィルタ、下段は新フィルタ

 

 

「北斗1号、2号」今週(11/8~)の結果

「北斗1号」の今週(11/8~11/12)の結果です。

 

週計:-44000円(3勝2敗)

 

少し前の記事で、マイナス収支の時はブログの更新も今一つ気分が乗らないと書いたばかりですが、今週が正にそれ。

月曜、火曜と大きなマイナスになってしまい、後半少し挽回するも焼け石に水

こういう時もあるということで甘受するしかないですね。

本ロジックは利確設定もLC設定もしていないのですが、精神の安定を求める意味でLC設定を追加したほうがいいのかもです。

するとすれば200~300円くらいでしょうが、小さすぎるとすぐLCに引っかかり、大きすぎるとLCの意味がなくなり、これがまた難しいところです。

各自の判断でお願いいたします。

 

「北斗1号」の購入サイトはこちら  →  オートレトレード戦略ショップ / 北斗1号

 

<今週の推移>

f:id:trader2021:20211112190506j:plain

 

<販売開始(8/30)からの推移>

f:id:trader2021:20211112191359j:plain

 

尚、「北斗2号」のほうは今週はトレードはありませんでした。

 

「北斗2号」の購入サイトはこちら  → オートレ戦略ショップ / 北斗2号(GXスキャルLC回避バージョン)

 

 

「北斗2号(GXスキャルLC回避バージョン)」再販売開始のお知らせ

過去に一旦販売停止にした本戦略ですが、その後の成績も良く、このまま埋もれさすのは忍びなく、今回新たに新フィルタを追加装備し、再販売することにしました。

もしよろしければのぞいてください。

 

紹介サイトはこちら

オートレ戦略ショップ / 北斗2号(GXスキャルLC回避バージョン)

f:id:trader2021:20211108180535j:plain

 

オートレのシミュレーションとバックテストの関係(1か月間)

10/11のブログ記事で表題の関係を3日間調べて書いたのですが、その後もシミュレーションは継続していて、今回約1か月間の結果がまとまりましたので報告します。

 

【シミュ&バックテスト期間】

10/6~11/5の1か月間

【ロジック】

①5分足の5MAと25MAのGCで買い発注、DCで返済そしてドテンの売り発注、そしてそれの繰り返し。

②5分足の25MAと75MAのGCで買い発注、DCで返済そしてドテンの売り発注、そしてそれの繰り返し。

①②とも発注はGC/DCした次の足の始値指値発注、返済は成行き返済。

【検証結果】

<①のロジック>

・オートレのシミュ結果

−1665円(81勝214敗)

・バックテスト結果

−4030円(182勝359敗)

 

<②のロジック>

・オートレのシミュ結果

+830円(21勝45敗)

・バックテスト結果

-800円(86勝157敗)

 

シミュとバックテストでは少しは結果が異なると思ってはいましたが、こんなにも異なるとなんだか自分のバックテストのやり方に大きな間違いがあるのではと思えてきます。(損益もそうですが、発注回数が違い過ぎます)

 

もしこの結果が正しいのであれば、オートレにおいて4本値を使ったバックテストは意味を持たないものになってしまします。

 

そこで今後のこともあり、どなたでも結構ですので、同条件でバックテストを行い、私のバックテストの結果の間違いを指摘していただければ幸いです。

ちなみに4本値は225LaBo様よりダウンロードして使用しています。

 

以上、宜しくお願い致します。

「北斗1号」今週(11/1~)の結果

今週(11/1~11/5)の結果です。

 

週計:+1000円(1勝2敗)

※金曜日はサインが出ませんでした。

 

今週は稼働日も少なく、動きもあまりなかったため収支もほぼトントンでした。

本ブログは「北斗1号」の販売と同時に立ち上げましたが、今週のように微益の時はまだしも、マイナス収支の時はブログの更新も今一つ気分が乗りません。

他の出品者の方も同様にブログを書いておりますが、成績が芳しくないとブログの更新が滞る傾向にあります。

その気持ちは大変よくわかります。

勝って驕らず、負けて憂えず、自動売買と同じように淡々と更新していきたいものです。

 

「北斗1号」の購入サイトはこちら  →  オートレトレード戦略ショップ / 北斗1号

 

<今週の推移>

f:id:trader2021:20211105103245j:plain

 

<販売開始(8/30)からの推移>

f:id:trader2021:20211105103343j:plain

 

 

 

「北斗1号」今週(10/25~)の結果と「北斗2号」に関する告知の件

今週(10/25~10/29)の結果です。

 

週計:-9000円(1勝3敗)

※金曜日はサインが出ませんでした。

 

今週はあまり大きな動きもなく、成績もぱっとしません。

明日はいよいよ衆院選の投開票があり、来週はその結果によって大きく動きそうです。

今朝の明け方の先物の値動きを見ていると、自民党単独での過半数獲得もありかという気もしますが、どうなりますでしょうか。

 

「北斗1号」の購入サイトはこちら  →  オートレトレード戦略ショップ / 北斗1号

 

<今週の推移>

f:id:trader2021:20211030114117j:plain

 

 

<販売開始(8/30)からの推移>

f:id:trader2021:20211030114151j:plain

ここで「北斗2号(GXスキャルLC回避バージョン)」に関する告知です。

 

いろいろあって、販売を停止しました上記ロジックですが、このまま埋もれさすのは忍びなく、近日中に販売を再開することにしました。

ただ9月末にいわゆる”岸田ショック”等により、LCを被弾しており、今後も発生する可能性があります。

尚、今回の販売再開版にはさらにLCを抑えるための強力なフィルタも装備しており、どちらのフィルタを使うか選択できるようにしてあります。

(新フィルタは発注を絞り込んでいるため、発注回数も少なく少々物足りないかもです。

また今後も必ずLCを抑えられる保証もないのでわたし的には従来フィルタのほうがいいのかなぁという気がします。)

 

「北斗2号」の損益のグラフはこちら。

【従来フィルタ】

f:id:trader2021:20211030120349j:plain

【新フィルタ】

f:id:trader2021:20211030120433j:plain

以上、「北斗2号(GXスキャルLC回避バージョン)」に関する告知でした。